哲学者の小川さん

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国と台湾の本(2017年3月16日)

<<   作成日時 : 2017/03/16 18:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今書店には拙著『教養としての中国哲学』(PHP研究所)をたくさん並べていただいています。実はこの本を書こうと思ったのは、私の勤務する山口大学国際総合科学部で、中国哲学について数回授業をすることになったのがきっかけです。この機会に一度全体をまとめてみようと思ったのです。山口大学国際総合科学部はアジア重視を掲げていることもあって、中国語圏に留学する学生も多く、また逆に中国語圏から来る留学生もたくさん所属しています。そうしたことから、私の同僚である福屋利信教授も同時期に台湾の歴史と文化に関する本を出版されました。それが写真にある『台湾の表層と深層』(かざひの文庫)です。台湾は身近な国ですが、その歴史と文化については意外と知らないものです。ぜひ中国哲学と合わせて読んでいただけると幸いです。
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
中国と台湾の本(2017年3月16日) 哲学者の小川さん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる