私が監修を務めた『30日で学ぶ哲学手帳』が出ました!(2020年6月1日)

私が監修を務めた『30日で学ぶ哲学手帳』(日本能率協会マネジメントセンター)が出ました! 本書は、古代ギリシアから最新の哲学までフォローしているだけでなく、現代的問題にも哲学的視点から取り組んでいる意欲作です。何より1日1項目読むだけで、初心者でも1か月で哲学の全論点が学べるという手軽な構成になっています。ぜひ一度チェックしてみてくださいね。
哲学手帳.jpg

「日経ウーマン」に記事が載っています(2020年5月9日)

今発売中の雑誌「日経ウーマン」に私の記事が載っています。投資家の奥野一成さんと「お金」をめぐって対話したイベントのサマリーです。昨日のEテレ「世界の哲学者に人生相談」でも話題にしましたが、ちゃんとした長期投資は世の中をよくすることにつながるんですよね。興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。
202006.jpg

高校生とコロナ自粛を哲学するイベント(2020年5月7日)

Qliiさん主催の高校生徒の対話イベントに登壇します。といっても今のご時世なのでオンラインでのイベントです。以下、主催者の告知分を添付しますね。高校生とコロナ自粛について哲学対話をするというものです。しかもオンラインで。楽しみです!

以下、主催者さんの告知分です。

哲学カフェ-コロナ自粛を哲学視点で考えてみよう-

(大学で哲学専攻のQulii編集長による完全な趣味企画!)

まだまだ続きそうなコロナ自粛。

この期間の過ごし方について考える機会はたくさんあるけど、
ここらで一回、自粛そのものについてみんなで考えてみない?

とはいえ哲学”カフェ”なので、
コーヒーを飲みながら気軽に参加してくれてOK!

元引きこもり・みちょばと一緒にレギュラー番組持ち・ジブリを哲学する異色の哲学者とともに、コロナ自粛を通して、哲学の世界に入ってみよう!!

□日時:5月15日(金)20:00-21:00 (入室は19:55から)
□対象:高校生
□定員:15名(先着順)
□参加費:無料
□申込方法:LINE@に追加後、「哲学ワークショップ参加希望」とコメントしてください!
定員に達した場合、本ページにてお知らせします。また、申し込み者には参加の可否をLINEにて連絡致します。
LINE公式アカウント:https://lin.ee/3BdydyG6W
(ID検索の場合は @qulii)

Eテレ第3回はプラグマティズム(2020年4月15日)

Eテレ「世界の哲学者に人生相談」の第3回目は、4月16日(木)夜10時50分からです。今回はアメリカの哲学者デューイのプラグマティズムを取り上げます。テーマは「行き詰まりから脱出するには?」。ゲストは昨年も出ていただいた和田アキ子さんですよ。まさに今ウイルス禍で行き詰まっている私たちにヒントになることがあるかもしれません。お楽しみに!

『孤独を生き抜く哲学』出ました!(2020年4月12日)

私の新刊『孤独を生き抜く哲学』(河出書房新社)が出ました! 人生100年時代、テクノロジーの時代、結婚観・家族観の変化、少子高齢化といった社会背景のもと、今孤独な人が増えているといいます。でも、その孤独を楽しむことができたとしたら、何も悩む必要はありません。そこで、いかにすれば孤独をポジティブにとらえることができるかじっくりと考察してみました。奇しくもパンデミックのせいで、多くの人が急に孤独な日常を強いられています。ぜひこの難局を乗り越えるためのヒントとしても読んでいただけると幸いです。
孤独本の書影.jpg

Eテレ第2回は九鬼周造(2020年4月20日)

Eテレ「世界の哲学者に人生相談」の第2回目放送は、4月9日(木)夜10時50分からです。今回は日本の哲学者九鬼周造が登場します。テーマは「かっこよく生きるには?」。ゲストはかたせ梨乃さんですよ。都市部では緊急事態宣言も出て、家で過ごす時間が益々増えていると思います。私たちの番組が少しでも皆さんの娯楽になれば幸いです。

博多での小規模イベント延期のお知らせ(2020年4月7日)

先日告知した4月25日(土)のブックスキューブリックさんでの小規模イベントですが、緊急事態宣言が出されることもあって無期延期になりました。申し込んでいただいた方には、書店から直接お詫びの連絡が行くと思います。申し訳ございませんでした。でも、延期ですので、またいつか必ずやりたいと思います。ただでさえ出版不況が続いているわけですが、今回のウイルス禍で街の文化拠点である小さな書店がなくならないことを祈るばかりです。今、感染拡大防止が最優先されることは当然のことですが、他方で私たちは歴史に学んで常に批判的精神を忘れないようにする必要があります。長い闘いだからこそ、長期的視野が求められます。人権制限、監視社会、国家主義、同調圧力……。緊急事態宣言を救世主のように待ち望むだけでなく、それが社会にもたらすもう一つの意味を考える冷静さを持ちたいものです。

4月25日博多での小規模イベントについて(2020年4月2日)

4月25日(土)19時から、博多にある個性的な書店ブックスキューブリックさんにて小規模イベントを開催します。不要不急のイベントは自粛すべきなのでしょうけれど、ゼロにする必要はないと思っています。現に大学も始まりますから。うちの大学は4月13日スタートです。割と他大学よりは早い方です。結局いつまでたってもやれないので、やり方を工夫するという方針になりました。先の見えないパンデミック時代を生きるには、そういう工夫が求められるのだと思います。まったく何もやらずに生きて行くなんてことはできませんから。やれるようにやっていく。今はそういう生き方が求められているのだと思います。その辺は台湾に見習うべきでしょうね。細心の注意を払いながら日常を継続してますもんね。パンデミックに負けないというのはそういうことだと思います。テーマは孤独ですが、そこから派生してぜひパンデミック時代の生き方について皆さんと一緒に考えていきましょう。詳細や申し込みについてはこちらをご参照ください⇒bookskubrick.jp/event/vol-1

哲学番組4月2日スタートです!(2020年4月1日)

NHK・Eテレ「世界の哲学者に人生相談」シーズン3、初回の放送は明日4月2日(木)22時50からです! 5日(日)14時30分からと、8日(水)10時25分からも再放送があります。テーマは孤独、ゲストはミッツ・マングローブさんです。お楽しみに! 
https://www4.nhk.or.jp/tetsugaku-soudan/x/2020-04-02/31/246/1428033/

『三賢人の学問探究ノート』刊行のお知らせ!(2020年3月17日))

『三賢人の学問探求ノート 社会を究める』(ポプラ社)が出ました! 本書は、リクルートがプロデュースしている高校生向け進路教材スタディサプリの「学問探究BOOK」が元になった企画です。この学問探求BOOKでは、101人の日本を代表する研究者及びその研究内容が紹介されていたのですが、今回はこの中からさらに9名が選ばれて、単行本化されることになりました。光栄なことにAIの権威である東大の松尾豊先生や、生物学の福岡伸一先生と並んで、私も哲学の研究者として取り上げていただいております。人間、社会、生命という三つのトピックに分けて、各々3名の研究者が紹介されています。私の専門は公共哲学なので、もちろん「社会を究める」というテーマを担当させていただいています。高校生以下の皆さんはもちろん、大人の皆さんもぜひ一度ご覧になっていただけると幸いです。
アマゾンはこちら⇒https://www.amazon.co.jp/dp/4591165779/ref=sr_1_2?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=1I35VGMTNT35F&dchild=1&keywords=%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA%E4%B8%89%E8%B3%A2%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%AD%A6%E5%95%8F%E6%8E%A2%E7%A9%B6%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88&qid=1584460602&s=books&sprefix=%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA%2Cstripbooks%2C315&sr=1-2&swrs=9D2C29D5F383373DAE5FB4F30C878C64

NHKの哲学番組第3弾始まります!(2020年3月14日)

お待たせいたしました。NHK・Eテレの「世界の哲学者に人生相談」、いよいよ3年目のシーズンが始まります! 自分で言うのもなんですが、まさか3年も続くとは。それだけ哲学が求められている時代なんだと思います。初回の放送日時や内容についてはまた改めてお知らせしますが、まずは速報ということで。とにかく4月から始まります。お楽しみに!シーズン3.JPG

台湾で2冊同時に発売!(2020年3月1日)

台湾で2冊同時に私の本の翻訳版が出版されました! 『教養としての哲学』(PHP研究所)と『教養としての中国哲学』(PHP研究所)の繁体字版です。前者は西洋哲学、後者は中国哲学を扱ったもので、実はオリジナルには日本哲学を扱った『教養としての日本哲学』(PHP研究所)もあるのですが、そちらは今翻訳中とのことです。日本と同様、台湾でも3部作が書店に並ぶ日が待ちきれません!

台湾本2冊.JPG