応用哲学会で話をしてきました!(2019年4月21日)

昨日4月20日(土)、京都大学で開かれた応用哲学会のシンポジウムで、ポピュラー哲学に関する話をしてきました。「徹底解剖ポピュラー哲学」というテーマで、稲岡大志さんのユニークなコーディネートのもと、森岡正博さん、原田まりるさんと共に、アカデミズムとは異なるポピュラー哲学の意義について意見を交換しました。フロアからもたくさんの質問やご意見をいただき、これからの活動の参考になりました。皆さん、ありがとうございました。この写真は、始まる前に稲岡さん、森岡さん、原田さんらと控室にて撮影したものです。みんなが手にしているのは、原田さんの新刊『ぴぷる』(KADOKAWA)と私の新刊『アニメと哲学』(かんき出版)です!
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック