美術関係のサイトでのインタビュー(2020年2月4日)

中学校の美術を応援するサイト「中美チュービ」で、インタビューを受けました。美術教育と哲学のコラボの可能性を感じました。作品の意味を哲学することもできますし、逆に哲学した結果を形にして美術作品にすることもできると思います。ちなみに、またまたリバウンドしていた去年の夏の写真にショック(笑)。
サイトはこちら⇒https://www.nichibun-g.co.jp/chubi/joint_art/1335/