NEWSPICKS連載更新しました(2018年9月7日)

NEWSPICKSの連載「テクノロジーの公共哲学」更新しました! 今回は介護がテーマです。人手不足が叫ばれる介護の分野に、テクノロジーはどうかかわっていけばいいのか哲学してみました。
記事はこちら→https://newspicks.com/news/3291882/

哲学カフェのご案内(2018年9月1日)

周南市で定期開催している哲学カフェのご案内です。
日時:9月15日㈯ 15:00~16:00 
場所:周南市文化会館2F レストラン岐山
テーマ:「食べるとはどういうことか?」
その他:予約不要。参加費はもちろん無料ですが、各自必ずドリンクをご注文ください。普通の喫茶店ですので。コーヒー380円からです。(フリードリンク制ではありません。)

以下、会場について補足です。
①「レストランきさん」と読みます。
②周南市文化会館の2階にあるレストランです。
  周南市徳山5854-41 周南市文化会館2F
  ☎0834-31-1358
③徳山駅から北へ徒歩20分くらい、車なら5分。徳山駅から100円バスも出ています。
④駐車場は、文化会館と、バイパス(2号線)を隔てて向い側にある周南市美術博物館東側(進物の大進の南裏)にあります。無料です。

子ども哲学の本出ました!(2018年8月31日)

『哲学で子どもの思考力が伸び、心が成長する―親子で考える人生の疑問』(ジアース教育新社)が出ました! 子どもが抱く様々な疑問に、哲学の視点でアプローチしています。小学生がいらっしゃるご家庭なら、ぜひ親子で読んでください。中学生以上は自分で読めると思います。もちろん大人でも楽しめます。自分らしさとは何かとか、なぜ嘘をつくのかとか、なぜ戦争をするのかといった問いもありますから。
画像

『人生を変えるアニメ』に寄稿(2018年8月12日)

『人生を変えるアニメ』(河出書房新社)が出ます! 大好評の14歳の世渡り術シリーズです。アニメ監督や作家さんなどが、未来に残したいアニメをお勧めしています。哲学者の私が担当したのは、なんと「君の名は。」! 8月17日発売開始です。お楽しみに。
画像

8月18日は徳山で哲学カフェ(2018年8月8日)

哲学カフェ」のご案内です。
日時:2018年8月18日(土)15:00~16:00 
場所:周南市立徳山駅前図書館(ツタヤ図書館)の3階交流室1 ※場所がいつもと違うのでご注意ください。
テーマ:対話とは何か?
その他:予約不要、参加費無料です。

私が監修した哲学本出ました!(2018年7月24日)

私が監修した哲学入門『もう一度学びたい哲学』(エイ出版社)が出ました。「もう一度学びたい」シリーズの一つで、ほかにも日本語や世界経済などが出ています。なお、本書は同社から2年前に出したムックの再編集版です。
画像

NEWSPICKS連載更新(2018年7月19日)

NEWSPICKSの連載「テクノロジーの公共哲学」更新しました。今回のテーマはバイオメトリクスです。皆さんも使ってますか? いや、こっちが使ってなくても世の中が使い始めると、不可避的に巻き込まれてしまうわけですが。そうした問題点について、ぜひ一緒に考えてみましょう。もちろん哲学の視点から。
サイトはこちらです→https://newspicks.com/news/3175245?ref=picked-news_22

「哲学カフェ」のご案内(2018年7月16日)

周南市で定期開催している哲学カフェのご案内です。ただし、場所がいつもと違います! テナント入居のため、和光ビルが使えなくなりました。そこで今回は、周南市文化会館の中にある「レストラン岐山」を使わせていただきます。

日時:7月21日㈯ 15:00~16:00 
場所:レストラン岐山にて
テーマ:「公共性とは何か?」
その他:予約不要。参加費はもちろん無料ですが、各自必ずドリンクをご注文ください。普通の喫茶店ですので。コーヒー380円からです。(フリードリンク制ではありません。)

以下、会場について補足です。
①「レストランきさん」と読みます。
②周南市文化会館の2階にあるレストランです。
  周南市徳山5854-41 周南市文化会館2F
  ☎0834-31-1358
③徳山駅から北へ徒歩20分くらい、車なら5分。徳山駅から100円バスも出ています。
④駐車場は、文化会館と、バイパス(2号線)を隔てて向い側にある周南市美術博物館東側(進物の大進の南裏)にあります。無料です。

ちなみに、この日は市中心部で徳山夏祭りが開催されたり、文化会館でも他のイベントが開催されたりします。したがって、駐車場が混む可能性が高いため、早めに来られることをお勧めいたします。駐車できない場合は、近くの動物園の駐車場をご利用ください。

ビジネスエリート本1位(2018年7月15日)

『ビジネスエリートのための! リベラルアーツ哲学』(すばる舎)、アマゾンの現代思想のカテゴリーで1位になりました! また、東洋経済オンラインに記事も掲載されました。さらに、本日7月15日付日経新聞には増刷PRの宣伝が載っています。リベラルアーツ、爆走中です。
東洋経済の記事はこちら→https://toyokeizai.net/articles/-/228262
画像

NEWS PICKS連載更新(2018年7月13日)

NEWS PICKSの連載「テクノロジーの公共哲学」更新しました。今回は監視社会の話です。でも、裏テーマはネットにおける中傷について。このプライバシーゼロの時代、特にネット社会で心地よく生きていくためにはどうすればいいか? 私の提案は、最大限の寛容のすすめです。さて、みなさんはどう思われますか?
サイトはこちら→https://newspicks.com/news/3158792/

「日本哲学プラクティス学会」創設!(2018年7月3日)

「日本哲学プラクティス学会」が創設されます。哲学プラクティスというのは、「哲学カフェ」や子どもへの哲学教育をはじめとした哲学の実践のことです。この新しい学会は、日本でも広がりつつあるそうした活動を、アカデミズムの視点で研究し、支援していくための組織です。私も運営委員の一人です。8月26日(日)に明治大学にて第一回大会を開催しますので、関心のある方はぜひこちらのURLをご覧くださいね。
https://philopracticejapan.org/大会情報/

日経の哲学ムック出ました(2018年6月30日)

雑誌「日経おとなのOFF」が特別編集したムック『西洋&日本の哲学超入門』(日経BP社)が出ました。これまで雑誌のインタビューに掲載されたものに新たに加筆したものを加え、とってもユニークな西洋&日本哲学入門に仕上がっています。特に日本の哲学者たちに人生相談するコーナーは必見です。私以外にも禅や中国思想など各分野の専門家が執筆していますので、ぜひ手に取ってみてくださいね。
画像


リベラルアーツ哲学、日経&増刷(2018年6月26日)

『リベラルアーツ哲学』(すばる舎)の宣伝が、先週日曜の日経新聞に掲載されました。それもあって、即増刷に! ありがとうございます。古典の知識から最新の議論までカバーしていると同時に、哲学の仕方や使い方についてもたっぷりと論じています。ぜひ手に取ってみてくださいね。
画像