哲学者の小川さん

アクセスカウンタ

zoom RSS 外国人選挙権(2009年12月1日)

<<   作成日時 : 2009/12/01 23:59   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

 先日(11月23日)朝日新聞の社説で、外国人選挙権を取り上げていました。なかなかいい内容でした。今地方自治体の選挙に、永住外国人が投票できるようにする方向で議論が進んでいます。鳩山政権は、「多文化共生社会」を目指しているのです。
 社説の趣旨は、外国人を「害を与えうる存在」とみなして疎外するよりは、ともに地域に根付きまちづくりのための責任を分かち合ってくれる仲間として受け入れたほうが、社会の安定に資するというものです。
 私も同感です。かつて大学院時代に、定住外国人の実態を調査したことがあります。とりわけ私は中国人にインタビューして回りました。そこでわかったのは、多くの定住外国人が不満をもちながらも、声を上げるチャンスさえ与えられないままに苦しんでいる現状でした。
 同じ共同体に暮らす限りは、それがどこの国の人であろうと仲間です。日本人は、仲間が苦しんでいるのを見捨てるような心の貧しい国民ではないはずです。せめて彼らが声を上げるチャンスだけでも与える必要があるのではないでしょうか。税金だけとって権利を与えないのはあまりに不公平です。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
かつては(賛成/反対の)比率は優に2を上回っていましたが、今はどのアンケートも大体2未満になり、
FNNのアンケートでは53.9/34.4 ≒1.5 程度まで低下してきています。

いずれにせよ反対者の割合は、推進派が拙速な法案成立が出来るような低い数字ではなくなってきました。
ご参考までに、今年3月に神奈川県が行ったアンケートでは賛否が逆転しています。
(こちらは公的機関による調査ですので、マスメディアのそれより主催者による回答誘導は起こりにくいと思われます)

http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/senkan/enquete/2009/3_13.html

国内在住の日本国籍を有していない人(外国人)は、地方公共団体の議員や長の選挙権(投票する権利)が
ありませんが、どう思いますか。

1 選挙権は日本国民の権利とされているので、今のままでよい      52.1%
2 地方公共団体の議員や長の選挙権を外国人にも認めるべきである      28.5%
3 その他                                            3.9%
4 わからない                                        13.5%
あいこ
2009/12/02 18:21
外国人選挙権(2009年12月1日) 哲学者の小川さん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる